ゼファルリンは飲み方次第で鉄分が無駄になる?血液に関して

ゼファルリンは飲み方次第で鉄分が無駄になる?血液に関して

ゼファルリンに含まれる鉄分

 

ゼファルリンの正しい飲み方は水かお湯(飲める温度で可)で飲用することです。

 

もしこれをコーヒーやその他カフェインを含むもので飲んでしまうと、ゼファルリンの効果が阻害されます。

 

 

ゼファルリン

 

どのように効果を阻害するかというのを説明していきますね。

 

 

ゼファルリンの飲み方次第で効果がマイナスに

 

コーヒーにはカフェインという成分が含まれます。

 

そしてカフェインはお茶にも含まれているんですよね。

 

 

  • 「緑茶」
  • 「ほうじ茶」
  • 「ウーロン茶」
  • 「玄米茶」
  • 「番茶」
  • 「麦茶」

 

と、様々なお茶にもカフェインが含まれていて、実は鉄分の吸収率を妨げてしまう成分なんですよ。

 

 

そしてこの鉄分はゼファルリンにも含まれている成分なんですね。

 

ゼファルリンにはすっぽん末が配合されていて、その中にしっかり鉄分が含まれます。

 

 

 

鉄分は血液を生成するのに欠かせない成分であり、健康な血液を作る元≠ナもあるしその血液は身体全体を巡っています。

 

全身にちゃんと健康な血液を行き渡らせるコトにより、ペニスへもしっかりと血液が行き届くんですよ。

 

それにこの鉄分は肝臓にも存在していて、肝臓内で血液をキレイにするために作用している成分です。

 

 

この鉄分はゼファルリンに含まれる、トリプトファンという成分とも相性が良いとされているんですよね。

 

 

トリプトファンは主に脳へと働きかけ、リラックス効果を得ます。

 

 

ゼファルリン

 

 

その他では肝臓にも働きかけ、肝臓機能の向上に役立ってくれる成分なんですね。

 

肝臓機能が向上することで血流も良くなり、その分ペニスへの血流量も増える結果に結びつきます。

 

 

要するに鉄分は肝臓機能の向上にも関係してきますし健康な血液を作る元なので、かなり重要な成分となっているんですよ。

 

 

 

ペニスを増大するためには健康な血液を多く流す必要があるので、鉄分もしっかり吸収しないといけません。

 

ゼファルリンでは配合されている全ての成分が、長年の研究により絶妙な配合比率となっています。

 

 

 

だからいろんなところでうまく相乗作用を出すものですし、そのために必要な分の鉄分が配合されているんですよ。

 

なのにコーヒーやお茶といったカフェインを含むものでゼファルリンを飲むと、栄養吸収バランスが崩れるということなんですね。

 

 

なのでそういう事態にならない様、水かお湯(飲める温度で可)で飲用してくださいとのコトなんです。

 

 

カフェインで覚醒効果!?

 

カフェインには覚醒効果というものがあります。

 

覚醒効果≠ネんて聞くと、ちょっと良いイメージではありませんか?

 

 

しかしこれは場合によっては良くない作用を及ぼします。

 

ゼファルリンに含まれるトリプトファンですが、これは脳にも働きかける成分なんですよ。

 

 

トリプトファンが脳へ辿り着くと、その作用によりリラックス効果を得ます。

 

そしてそのリラックス効果は安眠効果へとも繋がるのですが、ここもカフェインとの相性が悪いのです。

 

 

覚醒効果≠ニは、カフェインが脳へ働きかけ、興奮状態にしてしまうものなんですよ。

 

これはトリプトファンとは真逆の効果なので、考えるまでもなく相性は最悪と言えるでしょう。

 

 

なのでカフェインはゼファルリンとの相性はとても悪く、最悪の場合ゼファルリンの効果を打ち消す可能性も出てきます。

 

水かお湯で飲むとこのような心配は一切ありません。

 

これがゼファルリンの正しい飲み方というやつです。

 

 

ゼファルリンの効果を無くしてしまっては飲む意味がありませんので、コーヒーやお茶での飲用はやめましょうね。

 

 

ゼファルリン

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ