ゼファルリンの正しい飲み方!基本を抑えておくのが理想的!

ゼファルリンの正しい飲み方!基本を抑えておくのが理想的!

ゼファルリンの正しい服用方法

 

 

ゼファルリンは正しい飲み方をすれば最も効果を引き出すとされています。

 

ですがゼファルリンは医薬品ではないため薬事法の関係から、いつ飲んでくださいとの記載がありません。

 

そのため飲み方は自由!となると、正直困ってしまいますよね。

 

ゼファルリン

 

 

ゼファルリンの正しい飲み方は

 

ゼファルリンは空腹時に飲むようにしましょう。

 

何故空腹時なのかと言いますと、実は空腹時って私達の身体の栄養吸収率が高まっている状態なんです。

 

 

空腹時にゼファルリンを飲む事で、ゼファルリンの栄養成分を無駄なく摂取していけるんですね。

 

これがもし食後すぐにだと、食事の栄養成分と一緒にゼファルリンの成分も摂取するコトになります。

 

これだとゼファルリンの成分がしっかり吸収されなくなってしまうんですよ。

 

 

しっかり吸収されないということは、ゼファルリンが効果を発揮しきれません。

 

これを毎日続けてしまったら、ゼファルリンの効果を得るまでに期間が延びてしまいます。

 

 

ゼファルリン

 

ですからゼファルリンは空腹時の栄養吸収率が高い時間帯に飲むようにしましょう。

 

 

空腹時のタイミングがある

 

ゼファルリンはカプセル2粒と錠剤が2粒入っていて、これを1回で2粒づつの合計4粒飲むようにしましょう。

 

1日のうちで最適な空腹時は夕食後の3時間後以降です。

 

 

3時間後から夜寝る前までに飲むのが最も良い時間帯なんですね。

 

食後3時間以降なら適度に空腹ですし、食事の栄養吸収も済んでいます。

 

仮に1日にゼファルリンを2回に分けて空腹時を選んで飲むとなると、かなり大変です。

 

普段仕事をしている人なら毎回時間を選ばないといけませんしね。

 

 

それに毎日2回となるとだんだんと飲むのがめんどくさくなってきます。

 

なので夕食後約3時間後だけにすると、1日1回飲むだけで済みますし面倒に感じることもありません。

 

 

これを継続することによって、ゼファルリンを飲むというのが習慣付けられます。

 

習慣付けてしまうと、飲んで当たり前の感覚になるので面倒になることがないんですよね。

 

 

基本中の基本

 

 

ゼファルリンは基本は水かお湯での飲用をしましょう。

 

(お湯はすぐに飲める温度でお願いします)

 

 

これは栄養吸収率が変わることがなく正常な状態を保てるからなんです。

 

それに水かお湯以外となると何かしらの成分が含まれていますしね。

 

 

例えばカフェインなんかはゼファルリンの栄養吸収の阻害をします

 

このように他の成分は栄養吸収の邪魔になることはあっても、ゼファルリンの成分吸収を助けてくれることは決してありません。

 

なのでゼファルリンを飲む際は水かお湯で飲むのが一番良いのです。

 

 

これがゼファルリンの成分を一切無駄にすることなく、しっかり吸収出来る飲み方です。

 

 

 

ゼファルリン

 

ホーム RSS購読 サイトマップ