胃がもたれる人の為のゼファルリンの飲み方!

胃がもたれる人の為のゼファルリンの飲み方!

この飲み方をすれば胃がもたれる事はありません

 

ゼファルリンを飲んで胃がもたれてしまう人も中にはいます。

 

特に胃の弱い人であれば、たまに胃がもたれてしまうことがあるんですよね。

 

 

ゼファルリン飲み方

 

実は私も胃がすごく弱いので、ゼファルリンを飲んだ後で何度か胃もたれしたことがあります。

 

そこで・・・私のように胃が弱い人に、お勧めのゼファルリンの飲み方があるので参考にしてください。

 

 

胃が弱い人のゼファルリンの飲み方

 

 

私もかなり胃が弱い方ですが、ゼファルリンを飲んでさすがに毎日胃もたれを起こすわけではありません。

 

ですがたまにゼファルリンを飲んで胃もたれを起こした次の日は、ゼファルリンの飲用方法を変えています。

 

 

皆さんもゼファルリンを飲んで胃もたれを起こした次の日は、ゼファルリンの飲用方法を変えてみましょう。

 

 

基本はゼファルリンを1日に4粒飲みますが、これを半分の量の1日に2粒に減らしてください。

 

 

そして飲むタイミングも

 

「朝にカプセルを1粒」
「夜に錠剤1粒」を飲むようにしましょう。

 

 

ちなみに朝と夜のこの分け方は、錠剤の方のメインの成分がトリプトファンだからです。

 

ゼファルリン飲み方

 

 

トリプトファンではリラックス効果があり、夜ぐっすり眠れるので夜は錠剤の方がいいんですよ。

 

私のように胃がもたれやすい人であれば、この飲み方でゼファルリンを飲用すると胃がもたれないんです。

 

 

 

ゼファルリンを通常通り(4粒)飲んで胃がもたれた次の日も4粒飲むとやはり胃もたれを起こしますね。

 

 

 

胃が弱い人は体調も変化しやすいので、その日の体調によっては胃酸が出にくくなっている場合があります。

 

そうなるとしっかり消化出来ないので胃もたれを起こすんですよ。

 

なので2〜3日で体調を整えてから通常の飲用量に戻してゼファルリンを飲むと、胃もたれをおこしません。

 

胃が弱い人は胃酸が足りなかったりしている事が多いんです。

 

 

 

ゼファルリンじゃなくても普通にご飯を食べても胃がムカムカしたりと、胃がもたれている事が多いですよね。

 

胃がもたれたら2〜3日の間はゼファルリンの飲む量を減らし、朝と夜にわけて飲むようにしましょう

 

 

 

そしてその2〜3日中に体調を整えればゼファルリンの飲用量は通常の量に戻してかまいません。

 

 

 

ゼファルリンを飲む際は

 

 

もう一つゼファルリンの飲み方で気をつけたい事があります。

 

それはゼファルリンを何で飲むかですね。

 

 

よく水やお湯(ぬるま湯)以外でゼファルリンを飲む人がいますが、これはやめましょう。

 

 

 

お茶やその他飲用水には余計な成分が含まれているんです。

 

(お茶に含まれている成分例:カテキン カフェイン)

 

 

 

これらはゼファルリンの栄養成分吸収の阻害になりますし、余計な成分を摂ることで更に胃に負担をかけます。

 

主にカフェインが胃に刺激を与える成分なので、胃がもたれやすくなる原因になるんですよ。

 

 

なので水かお湯でゼファルリンを飲用しましょう。

 

これが一番胃に負担をかけません。

ホーム RSS購読 サイトマップ